ビフィズス菌は無敵だ!☆胃腸管理これにお任せ☆

使ってみよう♪サプリメントおすすめサイト

ビフィズス菌の知識や情報

まず、ビフィズス菌とは何なのか。ビフィズス菌ろは善玉菌の代表的な菌の一つです。人の腸内フローラ(菌叢)を形成する細菌の1つです。ビフィズス菌は、糖を分解して、乳酸、酢酸、ギ酸などを作り出すので、母乳栄養児の腸内は酸性に傾き、大腸菌や他の細菌は増殖しにくくなり、またビフィズス菌自体が、大腸菌などの増殖をおさえるので、ビフィズス菌は母乳栄養児の腸内感染症による罹患率、死亡率を低くしていると考えられています。
乳酸菌類は、ヨーグルトにして1日200〜400g、できるならば500gを摂るのが良いと言われています。種類によっても違いますが、菌の数にして100〜200億個です。これらは数日間〜10日間でも摂り続けることで大幅に腸内環境が整えられるという報告もあります。しかし、食べる止めてしまうと、だんだんと元の悪環境に戻ってしまうため、毎日せめて100gでも継続して食べるようにした方が良いでしょう。継続する事が大事です。

もっと健康生活!サプリメント情報リンク